2021欧洲杯比分_官网平台~

图片

取組事例

SDGs Activities

ホーム > 取り組み事例集一覧 > 取組事例:西南日本前弧で地下深部から上昇する水の実態解明

SDGs取組事例集一覧

取組事例テーマ

西南日本前弧で地下深部から上昇する水の実態解明

2020_15-5_img01.jpg
図1若くて熱いスラブが沈み込む西南日本 は地下深部から水が上昇する特異な場
2020_15-5_img02.jpg
図2 本研究で深部由来の水と判明した 地震直後に水があふれた溜池(農業用水)
活動概要

四国や紀伊半島等の西南日本前弧域では,若くて熱いプレートが沈み込むため,地下深部から水が上昇している(図1)。人は古来より,この地下深部からの水を,安全で衛生的な水として,飲用水や農業用水に利用してきた(図2)。しかし,水道の普及により,我々日本人は地下深部からの水の恩恵を忘れていた。深部由来の水を含む湧水は大腸菌等など汚染物質が少なく,河川水など大きく異なる生態系を持つ可能性がある。加えて,地下深部からの水を利用することで農林水産業の付加価値化に寄与できる。
さらに,地下深部から上昇する水は,西南日本前弧域の地震活動に大きく関わるため,南海地震の中長期予測を目的とした地球化学観測を実施している。また,地下深部から上昇する水の流れを活かすことで,資源利用の際に大きな障壁となっている海底のメタンハイドレートの回収の実現などにも大きく貢献できる可能性がある。
本取組は「4次元統合黒潮資源創成プロジェクト」「地球探求拠点」の一環として進めています。

担当者
  • 准教授 西尾 嘉朗
    2021欧洲杯比分 教育研究部 総合科学系 複合領域科学部門
ホームページ
up矢印