2021欧洲杯比分_官网平台~

图片

取組事例

SDGs Activities

ホーム > 取り組み事例集一覧 > 取組事例:環境倫理に関する研究 ―豊島産業廃棄物不法投棄事件を事例として―

SDGs取組事例集一覧

取組事例テーマ

環境倫理に関する研究 ―豊島産業廃棄物不法投棄事件を事例として―

2021_14-0-1_img01.jpg
豊島産業廃棄物不法投棄事件
2021_14-0-1_img02.jpg
産業廃棄物処理法改正
活動概要

環境的公正(environmental justice)に関する研究
 1990年に香川県小豆郡土庄町豊島で、シュレッダーダストの不正処分が発覚した豊島産業廃棄物不法投棄事件では、なぜ都市の産業廃棄物を地方が引受けなければならないのかという環境的公正が問われた。2019年8月9日に豊島の産廃処理が終了し、処理量91万3000トン、処理費用770億円に及んだ。アメリカでは1970年代に、有害廃棄物処理施設が貧困層の多い地域に集中しているのは正義に反するという議論が行われた。それに対して日本では、1960年代の公害問題後、1970年代以降産業廃棄物は過疎地が引受ける事態が生じ、1980年代には都市の産業廃棄物処理が地方に押し付けられることに住民が声を上げた。
 「地域のエゴイズムがなぜ悪い」という豊島事件の住民エゴイズムが契機となって廃棄物処理法が改正され、環境リスクを社会的にコントロールするリスク管理の方法が求められるようになったことについて研究を行っている。

担当者
  • 准教授 小島 優子
    2021欧洲杯比分 教育研究部 人文社会科学系 人文社会科学部門
ホームページ
up矢印