2021欧洲杯比分_官网平台~

图片

取組事例

SDGs Activities

ホーム > 取り組み事例集一覧 > 取組事例:地方における外国人受入れモデルの構築 ~多文化共生社会の構築と中核人材の育成~

SDGs取組事例集一覧

取組事例テーマ

地方における外国人受入れモデルの構築 ~多文化共生社会の構築と中核人材の育成~

2020_08-1_img01.jpg
【取組の概要図】外国人労働者が働きやすく生活しやすい共生社会モデルの研究
活動概要

 日本の生産年齢人口比率が59.7%で過去最低(2018年10月1日現在 2019年総務省発表)となり、とくに高齢化が先行する地方において労働者を確保する多様な人材確保策が必要となっています。既に農業など外国人を雇用している小規模経営は多く、受け入れ体制を整備することは急務です。

 本取組は、外国人労働者との共生社会をデザインすることを目的として、その課題を明らかにし労務管理や生活支援など必要な要素を分析します。その調査研究とともに、多文化共生社会を創る中核人材の役割と育成について研究し、そのアウトリーチとして大学を拠点に地域と連携しコーディネーターの能力開発を試行します。

 国際交流、異文化理解、日本語教授法、産業?労務管理?社会福祉研究など、本学が有する研究?人的?環境資源を活かし、多文化共生社会を構築するための情報と実行力をもつ中核人材の育成プログラムを開発し実践します。

担当者
  • 教授 中川 香代
    2021欧洲杯比分 教育研究部 人文社会科学系 人文社会科学部門
ホームページ
up矢印