寄僥B初

忽羨寄僥隈繁2021天巖鵜曳蛍プライバシ`ポリシ`

峠撹17定04埖01晩

I.児云圭について

忽羨寄僥隈繁2021天巖鵜曳蛍參和仝云僥々といいます。は鞭Y伏壓僥伏匳僥何現奉押垪を旋喘される纂宀あるいは縮圄? 冩梢吉云僥の並?並Iをg仏する貧でご戻工いただいた峻の繁秤鵑プライバシ`にかかわる秤鵑任△襪海箸鰌JRしそのm俳な 砿尖に適めます。

 

II繁秤鵑Ъ?旋喘について

  1. 云僥は峻に繁秤鵑里缶畊をおいする栽には旋喘朕議をあらかじめお岑らせいたします。
  2. 云僥は峻からご戻工いただいた繁秤鵑鬘お岑らせした旋喘朕議の貭擇韮縮圄冩梢その麿I佞里燭瓩鉾Qいます。なお旋喘朕議を筝する栽にはその崋をお岑らせし巷燕します。

 

III繁秤鵑旅楡蹐砲弔い

  1. 云僥は繁秤鵑鰡m俳に砿尖するため繁秤鵑鯣Qう何Tごとに繁秤鷄Wo砿尖宀式び繁秤鷄Wo毅輝宀 を崔くとともに云僥侭奉Tにする縮圄試咾鮠@A議にg仏します。
  2. 云僥は函誼した峻の繁秤鵑砲弔い藤m俳な芦畠企崔をvずることにより繁秤鵑梁えい払個ざん 式び繁秤鵑悗硫師な盃秘などの裡契峭に適めます。
  3. 云僥は峻の繁秤鵑鬘あらかじめ峻の揖吭を誼た栽を茅き及眉宀に戻工いたしません。ただし肝に げる並に輝する栽は峻の揖吭を誼ることなく及眉宀に戻工することがあります。

    1) 隈綜の協めに児づく栽
    2) 繁の伏凋附悶嗽はbの隠oのために駅勣であって峻に揖吭を誼ることが是yな栽
    3) 忽のCv飛しくは仇圭巷慌睫縒屬呂修領を鞭けた宀が隈綜で協める並Iを膜佩することにしてf薦する駅勣が ある栽であって峻に揖吭を誼ることにより輝並Iの膜佩に屶嬾を式ぼすおそれがある栽
  4. 云僥は峻からご戻工いただいた繁秤鵑I嬶その麿の駅勣があって及眉宀に戻工する栽弐sによる x佞鼎韻覆匹砲茲蝪その及眉宀からの息えい壅戻工の契峭などを蹐蠅泙后
  5. 云僥は峻が戻工された繁秤鵑礼_幣屎旋喘唯峭などを錬李される栽は隈綜の協めるところに惄 鬉い燭靴泙后繁秤皷_幣吉笥にお賦し竃ください。
  6. 云僥は峻の繁秤鵑留WoにvSする隈綜その麿のケを恆便するとともに繁秤鵑糧Qいにvする企崔を @A議に岷しその個鋲に適めます。

    ただし隈綜によりお岑らせすることなく旋喘がJめられている栽はこの泙蠅任呂△蠅泙擦鵝

 

 

 

 

巷塀ホ`ムペ`ジプライバシ`ポリシ`

巷塀ホ`ムペ`ジプライバシ`ポリシ`晩云Z井(121KB)

巷塀ホ`ムペ`ジプライバシ`ポリシ`哂Z井(130KB)

寄僥尖廷

寄僥の古勣

秤鷙_

キャンパス

裡C砿尖?契貨

コンプライアンス

ホ`ムペ`ジ\

その麿

AEDO崔侭